リートとは画期的な不動産投資システムです

リートで投資に挑戦

男性

リートで投資に挑戦

リートとは、英語でRealEstate Investment Trustのことを言います。たくさんの投資家から集めたお金で商業施設やオフィスビル、マンションなどを複数購入して、それらの不動産から発生する賃貸収入や売買益を投資家に分配する仕組みです。最近ではとても話題になっている投資商品ですが、用心したいこともいくつかあります。まず、リートとはあくまで投資信託の一種ですから、預金などとは異なり元本が保証されているものではありません。市場の状況によっては損失が出ることもありますが、これは株式や他の投資信託などと同様です。また、他の金融商品と異なるリート特有のリスクもあります。例えば、自然災害や環境問題などで購入した不動産が劣化したりした場合には、当然投資したリートの価値も下がることになるので、慎重な投資が必要です。リートに限ったことではありませんが、こうしたリスクを十分に考慮した上で投資することが重要です。

リートが人気の理由とは

ではなぜそんなリートは注目を集めているのでしょうか。ずばり、分配金利回りが高いということが挙げられます。分配金利回りとは、投資した金額に対して過去にどのくらいの分配金が支払われてきたかという実績を示すものです。リートとは上で述べたように金融商品ですから、分配金が保証されるわけではもちろんありません。しかし、分配金利回りが高いファンドは高い利益が出ることが期待できるのです。その他にも、少額から不動産投資が始められるというのも魅力的です。上で述べたように、リートとは多くの投資家から集めたお金で不動産投資を行う仕組みです。一般に不動産投資というと莫大な資産がないと手が出せないものというイメージがありますが、リートという仕組みを作ることによって少額でも不動産投資ができるというのは大きな魅力のひとつになっています。