リートとは画期的な不動産投資システムです

不動産への投資

案内

小口金融商品の開発

日本では国土が狭いという制約があるので不動産価格が諸外国に比べて高くなっています。分散投資として不動産投資を行う場合には多額の資金が必要になります。こうしたことに対応するために不動産を小口化して金融商品として開発されたのがリートです。リートとは不動産投資信託で一部は上場されており自由に取引が出来ますので換金性に優れています。私募リートとは上場はされていない不動産投資信託で自由に取引は出来ませんので比較的大口の投資対象となっています。リートとはアメリカで開発して発達してきておりオーストラリアやシンガポールでも市場規模が大きくなっています。投資対象も多様化しておりますが、不動産価格の変動を受けますので投資する際には不動産市況の認識が必要です。

安定した利回りを期待

リートを上場するに当たって投資商品としての魅力を高めるために配当を厚くすることによって税金がかからないという仕組みが構築されています。したがってリートが保有している物件が稼ぎ出す収益の大部分が投資家に分配されることにあります。対象物件の中にはボラティリティ―の高いオフィスや商業施設がありますが、住宅や社会保険施設は逆に安定した賃料が期待されています。最近の金融緩和による低金利によってリートは金融商品として魅力が増大しているため、新規に上場するリートの増加が顕著となっています。最近の傾向としては物流や社会保険施設を対象としたリートの増加が見られます。リートとは不動産投資市場を活性化する有力な商品であるという位置づけになっています。